【アウトドアでナイフを使おう】ブッシュクラフトとモーラナイフの黒錆加工。紅茶とレモンでティータイム?

キャンプ
スポンサーリンク

ブッシュクラフトにはゴツめのナイフがお似合い

ブッシュクラフトってご存じですか?サバイバルのような意味合いでも使われていますが、本来はもう少し生活に寄り添った言葉のようです。ナイフを用いてあらゆる事をこなしていくという感じでしょうか。「生活の知恵」という表現をされている方もいらっしゃいます。まず、火起こしの中でのブッシュクラフトを考えてみます。

火起こしとナイフ、思いつくのは薪割りですが、それは斧に任せるとして、ナイフでやるのはその前段階の焚き付け用の細い木材でしょうね。太い薪の端にナイフを当てて、そのナイフを別の木材で叩いて刃を薪の中に入れていき、裂くように細く切り出します。これを焚き付けに用います。
また、火種からの着火に用いるのはフェザースティックです。裂いた細い木材をさらに加工するのですが、木材を薄く削ぐように刃を入れてカールさせることを繰り返し、鳥の羽のように薄い木が何重にも重なっているような加工を施します。このフェザースティックは火が付きやすく、火を熾すときには必須のアイテムと言えます。

さて、木材をナイフで加工するのですが、このナイフがとても重要になってきます。アウトドアで使うナイフとなると、カッターナイフのような刃が薄い物では文字通り刃が立ちません。刃が厚く握りやすい形状の物が必要ですね。ここでお勧めしたいのはモーラ・ナイフです。このナイフですとフェザースティックはもちろん、薪を細かく裂くのにも使えます。

モーラナイフ・ジャパン
創業125年を誇るスウェーデンを代表するナイフブランド モーラナイフの日本公式ホームページです

モーラ・ナイフ Companion Heavy Duty MG

モーラ・ナイフにも多くの種類がありますが、コスパがよく人気なのはCompanion Heavy Duty MGではないでしょうか。こちらのナイフですが、材質がステンレスのものもありますが、切れ味はカーボンスチールの方が良いとのことでこちらをチョイスしました。
悩むのは材質だけではなく、刃の厚みもありますね。3.2mmという厚さは、料理にはちょっと使いにくいですが、木を削ったり割ったりするには、このくらいは必要になるとのことです。私は後者の使い方をしたいので、これを選びました。


さて、カーボンスチールを選んだわけですが、鉄の包丁ってあっという間に錆びてきますよね。錆からどう刃を守るかということを考えなくてはいけませんが、常に乾燥状態にしておいてあげれば問題ありません。しかし、アウトドアで使うとなると、濡れた状態で長い時間ほっぽらかす事もあり得ますよね。そこで、私がやったのが「黒錆び加工」です。
これは多くのサイトで紹介されていますが、紅茶とレモン汁に漬け込む事でナイフ表面に黒錆を発錆させて、赤錆が出てくるのを防ぐというやり方です。

詳しくは他のサイトをご覧頂きたいと思いますが、簡単に私の黒錆加工のやり方を載せておきます。準備する物は以下の5つです。
・紅茶ティーバッグ
・ポッカレモン(お酢でも良い)
・お湯
・ペットボトル(カッターで上部をカット)
・モーラナイフ

ペットボトルの上部を切って、ナイフの刃が全部入るくらいのお湯にティーバッグ2つで濃いめに紅茶を作ります。そこにレモン汁を紅茶に対して7:3または8:2ほどの割合で加えてナイフを入れますと、直ぐに泡がプツプツと出てきます。化学反応って感じですね、1時間もするとかなりの泡が発生していました。私はそのまま8時間ほど放置してから取り出しましたが、真っ黒ではなく少し灰色がかった刃に仕上がっています。若干、酸っぱい匂いが残るのがいまいちですね〜。

キャンプで数回利用して、かなりナイフ表面は荒れた感じになりました。若干赤くなっている部分もありますが、ひどい赤錆という状況ではないですね。刃を研いでから改めて黒錆び加工をした方が良いのかもしれません。なお、このナイフにはサヤが付いていますが、カチッとはまるので安心です。

このモーラナイフを使って、キャンプを楽しみたいですね!フェザースティックを作ったり、薪を割ったり、工作に使ったり、料理に使ったりと・・・使い方は無限大です。道具を使い倒してアウトドアを楽しみましょう!

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

新品価格
¥2,640から
(2021/2/1 21:14時点)

焚き火に関しても書いていますので、ぜひご覧ください。

【キャンプで焚火】火を熾す、薪をくべる、炎を愛でる。焚火台のお勧めと火打ち石でワイルドな着火にチャレンジ!
キャンプの醍醐味は何でしょうか。大自然の中で遊ぶも良し、ダッチオーブンで豪快な料理を作るのも良し、自慢のグッズに囲まれて過ごすも良し、飲んだくれて騒ぐも良し(いや、良くない)、そして、何といっても焚き火ではないでしょうか。私も家族と焚き火...

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました