【キャンプ場レポート】白岩館ってどんなところ?露天風呂と炉端焼きがあるらしい。情報がない中、行ってきました。

キャンプ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
スポンサーリンク

11月の連休にキャンプに行こうとネットで探すも、どこも一杯でなかなか見つかりません。そんな中、電話で確認をしていると、近所のキャンプ場を紹介してくれるという親切なキャンプ場がありました。白岩館に行ってきましたのでレポートします。

白岩館は千葉県鴨川市のキャンプ場です

『白岩館』ってどんなところだろう?

ネットで探しても、炉端焼きのお店と露天風呂があるということしか分かりません。かろうじて3サイトのこぢんまりとしたキャンプ場であるという事は分かりましたが、キャンプ場の写真などは一切見当たらず、お店の外観は古く不安は募るばかり。

ここ、大丈夫かな・・・。とりあえず電話して聞いてみよう。

心配を抱えつつ電話をすると、あっさり予約OK。今回はこちらにお世話になることにしました。

さて、予約後に改めて電話をしたのですが、奥さんが「キャンセルかしらね?」って言いながらご主人に電話を渡していました。聞こえてますけどー。
秋ということもあり寒さ対策は気になるところです。
・電源サイト。→電気毛布使える
・炊事場はお湯が出ない。→ゴム手袋必須
・ゴミは持ち帰り。→これ勘弁!
・チェックイン13時、チェックアウト11時→一般的

それでは、期待と不安を胸に出発です。

道幅は一台分!すれ違いが多い?

今年は千葉県のキャンプ場に何度か行っており、同じ感覚で朝は少しのんびりと出発しましたが、そこは3連休。中日とは言えそれなりに混んでおり、コロナコロナと騒がれている割には車が多い印象。

いつもより時間がかかって高速を降り、下道をひた走り鴨川市へと向かいますが、キャンプ場に近付くにつれ、明らかに道幅が狭くなってきます。車一台しか通れない幅で、所々にすれ違える場所は有るのですが、車が連なったらアウトっぽい。対向車も意外と多く、ヒヤヒヤしながら前を走る地元民の車に着いていきました。

実際、今回ご一緒するキャンプ仲間は車が詰まって動けなくなった場面に遭遇したそうです。ライダーの方が親切にも交通整理して解消されたようですが、運転に自信がない人は止めておいた方が無難かもしれませんね。

スポンサーリンク

そして白岩館に到着です

やっとの思いで白岩館に着くと、犬が吠えてお迎えしてくれます(汗)

元気によく吠えます

やはり露天風呂と炉端焼きがメインのようで、看板にはキャンプ場の文字はありません。

車を停めると、気の良さそうなオーナーが登場。チェックインは?と聞くと、「そういうの無いんですよね〜」とお気楽な返事。支払いも帰りで良いと、今時ではありえないアバウトさが凄いです。

さらに今日はキャンセルが二組出てしまい、あなた達だけなので好きに使って良いとの事。ラッキー!あれ?我々2家族で予約してたんですが?キャンセルがなかったら、オーバーしてますけど?「うん、あれ?そうなるかなー、あはは」的な感じで理解してない様子?大丈夫だろうか・・・。

脇の道を入るとキャンプ場だとのこと。

3サイトとの事で1・2・3の看板はあるのですが、サイトは区切られておらず、なかなか広いです。写真左が1、車のあたりが2で、右奥が3です。

小屋の前には大人しい犬がいます。写真では見づらいですが、ロープが地面に張られていて、この犬がキャンプ場の真ん中までやってきます。この建物は犬小屋でもありますが、炊事場でもあります。

キャンプ場にも犬がいます炊事場はこの建物の中
ロープをつたってサイト中央まで犬が来ます

水回りはどんな感じでしょうか

気になる水回りを見てみましょう。

炊事場はこんな感じです。なお、温水は出ませんので冬場はゴム手袋必須ですね。物置の一部に流しがある、という感じです。田舎のおじいちゃんちに遊びに来たような錯覚に見舞われます。なお、犬の寝床もあります。

納屋の中にある水道

続いてはお風呂です。このキャンプ場は温泉が売りだそうで、近くのキャンプ場からも入りに来るそうですよ。

サイトは露天風呂の向こう側です

暗くなる前に写真を撮れば良かったのですが、こんな写真しかありません。あしからず。こぢんまりとしていますが、家族で入るにはちょうど良い大きさでした。やはり露天は気持ちよかったです。

さて、トイレは母屋の中にあります。ここのドアには鍵がかかっておらずいつでも利用できます。防犯大丈夫なのかしら?と少し心配になります。トイレは和式に洋式便座を乗せたような作りになっていました。キャンプ場のトイレというと屋外ということもあり、虫などがいるものですが、ここは建物の中なのでその心配はありません。

トイレは母屋の中です

トイレの前には洗面がありますが、何故か照明が点きません。右の蛇口は壊れています。まぁ何とかなるもんです。この母屋には宿泊用の部屋があるのかな?どうも合宿所みたいな感じの造りに見えました。

トイレ前の水道
スポンサーリンク

電源サイト・・・ですよね?

電源サイトを予約したのですがコンセントボックスが見当たらないので、電源は?って聞いてみたら、電源ドラムで引っ張っていくという・・・さらに、届かなかったら延長ケーブルあるからね!との事。マジか。

うちはポータブル電源を持っていたので電源は使いませんでしたが、一緒に行った友人宅では、雨が降った際に「漏電するから」という理由で電源を引き上げられてしまったそうで、電気毛布が使えず寒い夜を過ごしたそうです。それも信じられないことで・・・。屋外用じゃないの?翌朝には勝手に電源を引っ張って使っていました。そりゃそうだ。

電源付きサイト・・・ってこれですか

今日は我々だけ、と着いたときには聞いたはずですが、いつの間にか他のお客が来ているという・・・。どうも情報伝達がうまくいっていない模様。

知らぬ間に別のお客さんが来ていました・・・。

夕飯というタイミングには管理人さんからは切り干し大根などの差し入れを頂きました。ありがとうございまーす。お客さんも少ないキャンプ場ですので、あまり周りを気にすることもなくのんびり過ごせました。

切り干し大根など頂きました。

一夜明けて、朝食には定番のホットサンド!今回、美味しかったのでちょっと紹介します。KALDIの「ぬって焼いたらカレーパン」。パンに塗ってハムを挟んで焼きましたが、簡単に美味しいカレーパンのできあがりです!変わり種のホットサンドを作りたい方はどうぞ。

朝食が済んだら撤収作業です。息子君もお手伝いしてくれました。

そんな感じで、一昔前の雰囲気が味わえる貴重なキャンプ場でした。炉端焼きは食べ損ねましたので、またの機会に・・・。周囲を散策する機会が無かったのですが、近くに川や遊具など遊べるところは無いみたいです。

なお、ゴミは持ち帰りですが、アルミ缶は出してもいいよ、と言われました。基準がよく分かりませんなー。

そんなこんなの白岩館です。ぜひお立ち寄り下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました