【車積載問題】荷物を減らしたい!BBQやキャンプに持っていく道具をコンパクトにしたら、どうなるか?

キャンプ
スポンサーリンク
椅子とクーラボックスがくせ者でした・・・。

アウトドアに持っていく道具を揃えるのは楽しいですよね。気付くとかなりの量になってくるものです。私もかなりの荷物持ちになってしまい、運転手(私)以外の足下にも荷物が一杯、場合によっては膝の上にも・・・なんて事になってきて、バックミラーで後ろが見えない事も起こりうる状態になってきました。これは何とかせねば!と思い、車への積載を簡単にしたい!というモチベーションの下、断捨離やダウンサウジングを試みました。

チェア編

コールマン(Coleman) チェア サイドテーブルデッキチェアST オリーブ 

車に積むのに非常に苦労したのが椅子です。私の愛用していたのはColeman のディレクターチェアです。座面も背もたれも少し硬めの反発で姿勢良く座れる感じが心地良く、サイドテーブルも付いている事から活躍の場が多かったです。しかし、折り畳んだ状態は結構厚みがあり、大きな隙間が生まれてしまいます。そのため私の場合は車への積載には毎度苦しめられました。(単に私の荷物が多いだけなのですが)
この椅子、結構前に買ったのですが、まだ売られている事からも、とても良い商品である事は間違いありません。当時はアイボリー色でしたが、今はオリーブとレッドのようです。
なお、テーブルの窪みはコールマンのカップがぴったりと収まるように、持ち手の部分が切り欠かれています。

アディロンダック(ADIRONDACK) キャンパーズチェア 

そこで、次は収納時に細長くなるタイプを選ぶことにしました。様々なタイプのチェアの中からチョイスしたのは、ゆったりと座れそうなアディロンダックのキャンパーズチェアです。特許の関係でしょうか、多くのメーカーから同じ形の物が販売されていますので、別のメーカーを探してみるのも良いかもしれません。
座り心地はコールマンの物とはだいぶ異なり、より深くゆったりと座る姿勢になります。身長168cmの私は、頭も背もたれにかかるので楽チンです。一度座ると立ち上がるのが億劫になるかもしれません?
これ、子供が気に入ってしまい気付くと座っているため、嫁は子供の椅子に追いやられていることが多いです。スモールキャンパーズチェアというほんの少し小さめのものもありますので、子供にも買おうかと思案中です。
肝心の収納性ですが従来よりも良くなりました。しかし、収納袋に入れた形状は結構長いですね。車の横幅いっぱいです。車のサイズを確認してみてください。


コールマン(Coleman) チェア サイドテーブルデッキチェアST オリーブ 2000033809

新品価格
¥4,594から
(2021/1/31 20:30時点)

ADIRONDACK(アディロンダック) キャンパーズチェア ブラック 89009004003000

新品価格
¥10,450から
(2021/1/31 20:30時点)

バーベキューグリル編

誰もが当たり前のように持っているバーベキューグリルですが、これも意外と大きいため場所を取りますよね。以前は四角四角しているコールマンのものを使っていたのですが、ホームページに同じものはもう見当たりませんでした。網焼きはもちろん鉄板で焼きそばをしたりと活躍してくれていたのですが、鉄板を一緒に運ぶと結構重たいのと、やはり大きさがネックでバーベキューグリルは使うのを止めました。「止める」という究極のダウンサイジングですね。その代わりに今は焚き火台をメインに使っています。

UNIFLAME ファイアグリル

言わずと知れた焚き火台の名作。UNIFLAMEのファイアグリルです。焚き火をするのはもちろん、網が付いてきますのでBBQにも使えますし、ダッチオーブンを乗せたり、ピザを焼いたり、工夫次第で色々な楽しみ方ができます。非常に使いやすく私は2台持ちですが、重ねて収納できるのでとても助かっています。重ねた状態で2台収納できるケースも売っていますし、トングなどを引っかけられるフックもオプションであります。どちらも使っていますが、なかなか便利ですよ。
他にもオプションパーツは充実しており、様々なスタイルに対応できる逸品です!

最近はロースタイルが流行ではありますが、立った姿勢で使いたいという人には不向きですね、その場合はやはり高くセッティングできるBBQグリルを購入した方が良いと思います。

LOGOS ピラミッドグリル・コンパクト

卓上用にロゴスの小さなグリル「ピラミッドグリル・コンパクト」を入手したのですが、これなかなか良いです。網サイズは16cm×16cmです。食卓を囲みながら卓上で何かを焼くのはとても楽しいですよ。専用の燃料「エコココロゴス ミニラウンドストーブ 」を使います。組み立てもパタパタと簡単で、収納時はとても小さくなります。
先日、室内で焼き鳥をしましたが、くるくると串を返して焼き目を付け、焼きたてを食べるのはとても楽しかったです。しかし、煙がモクモクと立ち上り、室内は翌日まで焼き鳥臭が充満していました。何を焼くのかはしっかり考えましょう。
また、専用燃料ですが、着火時には火が上がることがあるようですので、気を付けましょう。

ユニフレーム UNIFLAME ファイアグリル 683040

新品価格
¥6,820から
(2021/1/31 20:31時点)

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル ステンレスグリル[1~2人用] 81063112

新品価格
¥4,400から
(2021/1/31 20:31時点)

スポンサーリンク

クーラーボックス編

昔はよく大勢でキャンプやバーベキューをしていたため、クーラーボックスも大きいものを使っていました。ホームセンターで探して50L弱だったと思いますが、かなりコスパは良かったです。キャスター付きでハンドルもあり容量の欲しい方には向いていると思います。同様のサイズでコールマンやイグルーなどの商品になると保冷力は高いですが、その分お値段はお高くなります。

家族での使用がメインになってくるとクーラーボックスの中には隙間が増えるようになり、ここまでの容量は要らなくなりました。そして、夏場のキャンプなどでは保冷力も欲しくなります。こちらの大きなクーラボックスは知り合いの方に譲ることにして、もっと小さい物を探すことにしました。

コールマン(Coleman) クーラーボックス エクストリームクーラー 28QT 約26L

クーラーボックスも多くのメーカーから色々な種類が出ています。最終的に私は保冷力3日!という謳い文句で選びました。26Lというとても使い勝手のよいサイズ、一泊二日のキャンプならこれで十分ではないでしょうか。しかし、ビールやジュースを大量に冷やしておきたい!という人はもう1つ大きなものを買った方が良いかもしれません。また、上面にはコップを置くための窪みがあります。このエクストリームシリーズは限定色を売っていることが多く、私Amazon限定色のアイスシルバー色を購入しました。(写真右はアイスブルーです)

サーモス ソフトクーラー 15L ブルー REF-015 BL

ソフトクーラー (約15L) REF-015-BL ブルー

もう1つお勧めなのがソフトクーラーです。ハードクーラーだけでは容量が足りない時とか、お花見やピクニックなど少量を持って行きたい時に、1つ持っているととても重宝します。私は保冷力に定評のあるサーモスのソフトクーラーを使っていますが、使わないときは小さく畳めるのが良いですね。キャンプに行くときはハードクーラーと一緒に持って行き、直ぐに出したいものを入れておくとか、途中のお店で買ったものを入れるとか、使い分けています。蓋になる部分に保冷材を入れることができます。概ね満足なのですが、ショルダーしかなく手で持つためのハンドルがないのがちょっと不便ではあります。

コールマン(Coleman) クーラー エクストリームクーラー 28QT 容量約26L アイスブルー 2000031629

新品価格
¥12,480から
(2021/1/31 20:32時点)

サーモス ソフトクーラー 15L ブルー REF-015 BL

新品価格
¥2,198から
(2021/1/31 20:32時点)

番外編

THULE ルーフボックス Thule Touring L

そして、結局ここまで来ました。ルーフキャリアです!THULEのTouring Lを載せてみました。これは外観がかなり変わりますし、車高の問題から取り付けできないという場合もありますので、しっかりと検討された方が良いと思いますが、収納力抜群でお勧めです。ただし、詰め込みすぎると蓋が閉まらなくなるので、適度に入れるようにしましょう。

なお、私は一人で設置しましたが、かなり大きいので持ち上げたときにちょっとバランスを崩しそうになりました。二人で取り付けるかディーラーやお店に頼んだ方が良いかもしれません。
残念ながらこのモデルはブラック色が製造終了となっており、チタンエアロスキン色というグレー調のもののみとなっています。

当然ですが、これを車に載せるにはルーフキャリアが必要です。私は「ウイングバーエッジ」という見た目がスッキリした物を選びました。少々お高いですが、風切り音も気になりませんし設置も簡単でしたよ。

テント、テントマット、タープ、椅子×4、テーブル、ミニテーブル×2、ランタン×4、ランタンポール、シュラフ×4、テーブルウェア、調理器具・・・など長物を中心にかなりの荷物をルーフキャリアに入れています。

上記以外に、車のリアに積んでいるものはクーラー、ツーバーナー、焚き火台、燃料、炭、薪、テントエアーマット、衣類、食材、遊び道具、その他小物類といった感じです。しかし、これはこれで結構一杯なんです。更なるダウンサイジングや断捨離が必要かもしれませんね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました