SFC修行#5.5(観光編)北海道観光もいろいろあるけど、旭山動物園に美瑛はどうでしょ。

マイル
スポンサーリンク
SFC修行#5 オーストラリア出張を見据え残プレミアムポイントを考える。北海道旅行への道程。
オーストラリア出張がなかなか決まりません5月までに2回のオーストラリア出張を順調にこなしましたが、次の出張がなかなか決まらず時間がどんどん過ぎていきます。この感じでは秋口なるかもしれない?ということで、プレミアムポイント獲得の行方...

北海道初日は朝早かったのでぐっすり眠れるかと思いきや、夜中に目が覚めてしまい眠い一日になりそうです。さて、6時30分に道路向かいの姉妹ホテルへ朝食を食べに行きましたが、既に満席で15分待つことに。みんな朝早くから動くのだな、と。さて、ドーミーインの朝食といえば「イクラ丼」が有名のようです。私も戴いてきましたが、とても大粒で美味しいイクラでした。ここの朝食ビュッフェはなかなかレベルが高く、リピートしたくなるホテルでした。

ホテルからは無料タクシーで札幌駅まで送ってもらい、息子から大好きな電車との写真を沢山せがまれた後、特急カムイで旭川へ。ところで特急券を前のシートに挿しておくポケットがあるんですよね。これ便利ですね。居眠りしてても車掌さんは確認できますからね。なお、車掌さんが押すハンコは特急カムイのマークでした。旭山動物園にはレンタカーで向かいます。

いよいよ行きたかった旭山動物園です。旭川なのに旭山ですね。行動展示はとても興味深く、動物たちが動き回っていて楽しかったです。オランウータン、ホッキョクグマ、ペンギン、アザラシ、フラミンゴにダチョウと多くの生き物を見ましたが、一番衝撃だったのがカバのマーキング。これは必見です!残念ながら写真はありませんが、お越しの際は是非。・・・衝撃です。
子供とお揃いのアザラシTシャツ(mon-bell、ここでしか買えない)をお土産に買いました。

夕飯は近くのラーメン屋の有名店「ラーメンの蜂屋」で戴くことにしました。外で行列に並ぶことしばし・・・。店内には有名人の色紙が沢山張ってあり期待が高まります。機械油のような独特の香りがするちょっとクセのあるスープでしたが私は好きです。行列が絶えないのも頷ける美味しいラーメンでした。

旭川でも再びドーミーイン「天然温泉 神威の湯 ドーミーイン旭川」です。ここでもイクラ丼や北海道ならではのおかずを戴きます。やはり美味しい朝食です。しかし、イクラに限って言えば、札幌のドーミーインの方がハリがあって美味しかったです。そういえば、ドーミーインは「夜鳴きそば」が有名らしいのですが、食べそびれました。またの機会に食したいと思います。

【公式】天然温泉 神威の湯 ドーミーイン旭川 / 旭川 ホテル|ホテスパ - HOTESPA.net
【天然温泉 神威の湯 ドーミーイン旭川】のご予約は公式サイトホテスパがお得!北海道、JR「旭川」駅より車で2分。徒歩10分。最上階天然温泉大浴場完備。ビジネス、レジャーで是非ご利用ください。

日が明けて翌日は美瑛観光です。「ケンとメリーの木」などを見つつドライブをするわけですが、ここで大きな間違いに気づきます。オフシーズンで全然花が咲いていない!本来なら色とりどりの絨毯のような丘が見られるはずでしたが、茶色の大地が見えるだけ・・・。ごく一部観光客目当てで花が咲いている場所があり、なんとか楽しんできました。自然相手の観光はしっかり時期を見極めるのが大事ですね。「四季彩の丘」にはアルパカ牧場もあり、子供は餌やりに夢中でした。メロンを食べたり、バギーに乗ったりと色々楽しめました。

展望花畑 四季彩の丘|北海道美瑛町の観光ガーデン
広大な花畑をはじめ、北海道らしい体験、ペンションがそろった 美瑛を象徴するエンターテイメント・ガーデンです。
≪上富良野町≫ようこそ、かんのファームへ

そして、カムイ号から在来線に乗り継いで最後の目的地小樽へ移動です。

小樽での宿泊は「グランドパーク小樽」です。室内も広くとても立派なホテルでした。窓からの眺望も良く、複合施設が併設しており、とても便利です。夕飯はここのお寿司屋さん「回転寿司 魚一心」で頂きましたが、サーモンとウニが絶品でした。

グランドパーク小樽【ホテルオフィシャルサイト】
グランドパーク小樽の公式サイト。小樽ベイエリアに建つシーサイドリゾートホテル。アクセスも便利で小樽市の観光の拠点としても最適なグランドパーク小樽は、皆様の旅にくつろぎのひとときを提供いたします。

移動が多いと少々疲れますね・・・。明日は観光をしたら東京へ戻ります。

SFC修行#6 北海道は小樽運河の観光は外せません。財政難のため東京へはエコノミーで帰ります。
いよいよ北海道旅行の最終日です。ホテルをチェックアウトして電車で小樽へ向かいます。小樽駅はちょっとレトロな雰囲気が残る駅舎で気分も盛り上がります。小樽駅から小樽運河に向けて歩く途中に急に線路が出てきます。これは旧手...

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました