SFC修行#3:オーストラリアまで行きも帰りも1人旅。羽田→シドニーからのアデレードまで行きます

マイル
スポンサーリンク

思惑通り5月に2回目のオーストラリア出張です。この調子でいけばプラチナもあっという間ですね〜。
前回同様、一旦家に帰り準備をしてから羽田に向かいます。今回はいつも一緒に行っているSFCホルダーの方は一足先にオーストラリア入りしており、1人での出発となります。そのため、ANAラウンジには入れず、久し振りにスカイラウンジで仕事をしてフライトを待ちます。

羽田空港『SKY LOUNGE(スカイラウンジ)』

羽田空港にはいくつかのラウンジがありますが、SKY LOUNGEは出国審査を抜けた目の前のエスカレーターを上がったところにあります。docomoカードでも楽天カードでも【ゴールド】と名の付くクレジットカードを持っていればたいていの場合は入れる、いわゆるカードラウンジですが、ソフトドリンクが無料でソファーもあり、意外と落ち着きます。最近はANAラウンジも混んできていると言われていますので、こちらを利用するのも良いかもしれません。
※対象カードは変わる可能性がありますので、事前に確認して下さいね。

隣のシートに人が来るかどうかでドキドキ

さて、搭乗ですが席に座ったときに隣に人がいないと、「もしかしたら今日は隣が空いているかもしれない。ラッキー!」って思いません?ドアが閉まるまで隣に人は来てしまわないかとドキドキしますが、大抵は来るんですよね。隣に大きな体の人が来ると、途端に狭くなり長距離フライトにはキツいです。しかし、今回は誰も来ず、ラッキーなことに3列席を独り占め!周りの人には悪いと思いつつもゴロンと寝られるので楽チンです。そんな寝かたしていいの?と思われそうですが、これまでの経験では、席が空いていたら皆そうしていました。

スポンサーリンク

ANAの機内食(エコノミー)

さて、機内食は「タンドリーチキン風サフランライス添え」でした。お米だけでなくパンやクラッカーが付くのも毎度ですね。太巻きまでありました。ANAやJALの機内食はレベルが高いと何かで読んだ記憶がありますが、私は機内食のお米がとても苦手です。あの、独特の味と臭いが残念な気持ちになるんです。今回はサフランライスでしっかり味付けがされていたのでまだ良かったです。サラダもディルが入っていたりとお洒落ですね。ハーゲンダッツも頂きました。

0時30分には機内が暗くなりお休みモードとなります。しばし映画を観てから、ゴロンと横になるものの、やはり寝付けません。それでもいつもよりは休めたように思います。現地時間5時30分に機内が明るくなりおはようモードです。7時には朝食を頂きました。クロワッサンにハムやサラダがサンドされていました。ヨーグルトがうれしいですね。

いよいよシドニーの町並みが見えてきました。8時30分にはシドニーに到着です。

オーストラリアのお金(AUD)

オーストラリアでは、支払いはほとんどクレジットカードが可能でキャンシュレス社会ではありますが、もちろん通貨はあります(当たり前ですが)。オーストラリアのお金は「オーストラリアドル(AUD)」です。A$と書いたりもします。この書き方の方がわかりやすい気がしますね。ちなみに1A$=75円くらいです。
紙幣は紙からプラスチックへと変わっており、新旧のお札が出回っています。オーストラリアにはチップの文化がなく日本人にとっては馴染みやすいですね。

「オーストラリアドル 円」の画像検索結果

午前中は工場視察などの仕事をこなし、お昼はハンバーガーコンボ10.5A$(オーストラリアドル)でした。某ハンバーガーチェーンとは違いバンズからして美味しそうでしょ。相変わらずポテトの量が凄いです。オーストラリアではこのようなお店がフードコートのような感じで並んでいます。大抵はクレジットカードで払えるのですが、ここのお店は現金のみでした。オーストラリアでは現金を使うことは非常に少なく、この日はカードしか持ち歩いていなかったため、同行していた方に15A$借りることに・・・ありがとうございまーす。たまにこのようなお店がありますので、現金も多少は持ち歩くようにしましょう。

スポンサーリンク

QANTASでアデレードへ

さて、午後はスターバックスで打ち合わせなどを行い、再びシドニー空港へ。国内線ということでオーストラリアといえばカンガルーマークでおなじみのQANTAS航空です。VirginAustraliaなどに比べると少しお高いらしいですね。夜にはアデレードに向けて出発です。機内はもちろん外人さんばかりです。外人さんは体が大きいのにシートは小さめですね。隣の席が空いており誰も来ないのかな?と思っていたら、何と仕事で一緒だった人(オーストラリア人)が乗ってきました。内心冷や汗をかきつつも、拙い英語に付き合ってもらい世間話を少々・・・。やはりこのご時世、英会話は必須です。ふぅ。

QANTASは国内線でも機内食が出るのですが、あまりお腹は空いておらず「野菜」をチョイス。すると、野菜を細切れにしたような不思議な食べ物が・・・味もあまりしない。はっきり申し上げまして日本人の口には合わないように思いますぞ。

2時間もかからずアデレードに到着です。シドニーとアデレードの時差は30分あるんですよ。30分の時差なんて要るんですかね?何より国内移動で時差があるって凄いですよね。
せっかくなので皆で軽く食事に行こうとしたのですが(お腹空いてないんじゃ?)、なんとお店が見つからず断念。近くのコンビニで朝食とポテチなどを購入してホテルに戻りました。

食泊は「Miller Apartment Aderaide」です。特に凄いホテルということもなく、普通のホテルでした。とはいえ、日本のビジネスホテルとは雲泥の差でとても広かったです。いつものように部屋で仕事をして日が変わる頃に就寝・・・。

翌朝のことですが、起きたは良いが時間がよく分からない。あれ?5時45分?6時15分?スマホの時計を見てもよく分からない。どうも部屋の時計が30分ずれている模様。これは時差のせいなのか???7時過ぎにロビー集合なのだが、あと30分あるのか?ないのか?とりあえず早めに行こう。急げ急げ。朝食は昨夜買ったサンドイッチです。

この日も午前中は工場視察。アデレードの中心部でランチをとりながらのミーティングから、20時過ぎまで長々と打ち合わせ。オーストラリア人はこんなに遅くまで仕事しないんじゃなかったっけ?ちょっと長すぎますよー。かなり疲れました・・・。

そして昨夜と同様に夕飯のお店探し。アデレードはシドニーと違いなかなかお店が見つからない印象です。今夜はお腹空いてるから必ず見つけるぞ!という意気込みでスマホで検索してやっと発見!「peel st」で夕飯です。大勢のメンバーがこの店に合流し楽しく飲みました。

そんな感じでレグ3は終了です。このフライトでプレミアムポイント(PP)は7,694(M)獲得、合計20,494ポイント。プラチナまで残り29,506ポイントとなりました。続きはアデレードから日本へ帰る翌日のお話です。

SFC修行#4 行きも帰りも1人旅。オーストラリアはアデレードからシドニー経由で日本へ帰ります
アデレードの朝、なんとかミニ観光する出張最終日の私の仕事はスタートがのんびりだった(11時にロビー集合)ので、アデレードの街を少し散歩することに。普段、出張では自由時間はほぼ無いので、このような時間があると嬉しいです。...

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました