【カブトムシ#03】え?卵ってそんなに簡単に産まれるの?いよいよブリーダーの道に!?採卵してみましょ。

その他
スポンサーリンク
嫁

オスとメスを一緒にしておくと2週間くらいで卵が産まれるらしいよ。

TAK所長
TAK所長

へーそうなんだ。そんなに早くに卵産むんだね?

嫁

そろそろ2週間くらい経つよね?産まれてるかもよ?見た方がいいんじゃない?どーする?いつ見る?今見る!?

TAK所長
TAK所長

そ、そうですか(汗)。では、週末にでも確認させて頂きますぅ

虫かごから少し大きなケースへの引っ越しの様子は以下のブログから。

【カブトムシ#02】目指せブリーダー?カブトムシカップルは小さな虫カゴから大きなケースに引越しです。
我が家のカブトムシ君たちも日々ゼリーまみれで大変なようなので、お引越し計画です。大きな新居を構えましょう。嫁カブトムシの虫かご小さいよね。TAK所長そうそう。エサ台もオスが独占しているみたいだし、ケースは大きめの物に...

なんか丸くて白い物があるぞ!これって卵では!?

そろそろ卵が産まれてもいい頃です、ということでケースを見渡してみると、ん?何か白い物がマットの上にポツンとあるではないですか。確かに卵っぽい!蓋を開けてスプーンで静かに拾い上げてみます。2mmくらいの白くて丸い形状です。これは紛れもなく卵ですね。

マットの上にあるのは何故でしょう???おそらくマットの中に産んだのでしょうが、オス・メスが毎日マットに潜ったり出たりを繰り返す中で、マットがひっくり返されてマットの上に出てきてしまったのだと思われます。

これでは、潰されかねませんので別の場所に移してあげた方が良さそうです。

ひとまず、カブトムシは別の虫かごに避難していただきます。

家族総出で卵の発掘作業です。

ケースに入っていたマットを新聞紙+ビニールの上に広げて、マットの塊をほぐしつつ卵を探します。卵は小さいですが白いので結構見つけやすいです。少し黄色というか茶色がかった物もありましたが、探すには問題ありませんでした。
30分くらいで作業完了。少し潰れているような物も含めて6個ほどありました。

ここで新しいマットを追加して、木やエサ台やらと共にカブトムシをケースに戻します。

そして、採集した卵をどうしようかということですが、ネットを見てみるとプラカップなどに入れて観察をしたりすることもできるようですね。しかし、初回ということもあり、マットの中で幼虫になるのを待つことにしました。
虫かごの底3cmくらいにマットを詰めて霧吹きをした後、少し押さえつけてやり、その上に卵を置きます。そしてその上からマットをさらに入れました。

何日くらいで孵化するのでしょう。折角ですので3〜5匹は孵ると良いのですが・・・。さらに、これからも卵が増えるかもしれませんし、虫かごなどが足りなくなるかもしれません。あまり増えすぎても困りますが、こうなったら来年カブトムシが見たいですね!

【カブトムシ#04】夏の終わりはカブトムシとのお別れの時。
嫁最近、カブトムシあまり餌を食べていないよね?TAK所長確かに嫁卵もなかなかうまく行かないね?TAK所長確かに嫁・・・。ブリーダーへの道は遠いこれまで何回かカブト...
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました