【Mini-Z】ステアリングホイールのスポンジがボロボロに・・・交換しようと思います。

その他
スポンサーリンク

子供が、ポロポロしてくる・・・と言っていますが、何のことやら?

そう、プロポのステアリングホイールは最もよく使うところですよね。特に握っているスポンジ部分は段々と劣化してきて、細かなカスがポロポロと落ちてきます。今回、スポンジの交換をしてみました。

Mini-Z SportsのKT-531Pのグリップを交換する

ホイールをよく見てみると、確かにタイヤ表面にブリスター?ができて、タイヤカスが周囲に散らかっているのが分かります。消耗品ですからそろそろタイヤ交換の時期ですね。

Mini-Z sportsの送信機はKT-531Pです。こちらのグリップ部分のスポンジを交換しようと思いますが、純正品がよく分かりません。もちろん売っているのでしょうが、ネットで調べても直ぐには分からず、その前に他の製品が目に入ります。

・ホイールごと交換して見た目をかっこよくするのもアリだな・・・

・しかし、まだ使えるしスポンジの交換だけでも良いかな・・・

・まずは安いからスポンジ交換だけにしよう!

こんな事を考えて、純正品ではないスポンジを買うことにします。ネットではいくつか製品が見つかりますが、Futabaのホイールグリップを買ってみることにしました。

私が勘違いしていたのですが、交換するにはただこのスポンジを取り外して入れ替えるだけです。特に面倒な作業は要らないのですが、ホイールを交換する記事を読んでいたため、ネジを外さないと・・・と勘違いしていました。

さて、ホイール中央のネジですが、トルクスドライバーでないと外せません。手元にはT6とT9のドライバーを持っていたのですが、どうもしっかりとはまらない・・・。これもまたネット情報ではどうもネジはT9らしいのですが、ドライバーがちゃんと入らない(大きい)気がします。

ネジをなめそうなので、かなりしっかり押さえてユックリと回します・・・やった!回りました!(若干なめましたが)

と、ここで、あれ?ホイール抜けないぞ、ん?抜かなくても良いのか。そうここで気づきました。無駄な作業をしてしまった・・・。T9で回せることが分かったので、将来ホイールを交換する際には手持ちの道具で大丈夫そうです。

ただ引っこ抜くだけでスポットとれます。

ここで新旧の比較をしてみたいと思います。

が純正品(京商)で、が今回購入した物(Futaba)です。Futaba製の方が厚く見えますが、これは京商製の方が角が丸くなっているためです。タイヤの幅も少しだけFutaba製の方が大きいですが、プロポには問題なく取り付けできます。

サイズはほぼ同じです。
幅はすこし大きくエッジが角張っています。

そして、ぐいっと引っ張ってやって、ホイールにフレッシュタイヤを取り付けます。サイズはほぼ同じようで、きつかったり、緩くて滑ったりなどはありませんでした。新しい物はいいですね。触った感触ですがフィット感はとても良く、純正品に比べて若干堅くなったような気がします。

これで作業完了!・・・作業と言うほどの物ではありませんでしたが。タイヤカスを気にせずに、楽しく遊びたいと思います!

3PKS ホイールグリップ BT2274

価格:1,058円
(2021/6/20 16:30時点)
感想(0件)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村

Follow me!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました